なぜプロペシアにしたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がプロペシアを選んだ理由を教えます。

理由はいくつかあったが、
一番の理由は、

今までの育毛ケアでは、対処できないと実感した事と、
“費用対効果”が良いと思ったからである。

 

 

(でも、この時点でまだ本気で服用しようとは思っていない・・・)

 

どういう事かというと、
上で軽く触れた、育毛剤は薬局レベルではあるが
中には、ミノキシジル配合のものもある。

 

発毛効果が期待できる半面、値段も高い。

また、他にも効果が期待できそうな育毛剤はネットで探せばゴロゴロ出てくる。
だが、ことごとく値段が高い。

 

1本1万円近くするものもある。

私は、ミノキシジル配合の育毛剤を7カ月使ってみたが、ほとんど育毛の効果を感じなかった。

 

だから、同じくらいの金額を出すならプロペシアにしてみようと思ったのがきっかけだ。

えっと、個人輸入で手に入れた場合ね。
当時は、けっこう追い詰められた感があったと思うが・・・

 

冷静に考えて、コストや日々のケアまで考えると、プロペシアは都合が良く
1日1回飲めばいいだけである。

 

効果はネットで調べるしかなかったが、当時はけっこう評判は良かったような気がする。

ただ、この頃すでに副作用の情報もフォーカスされ始めていたから
服用するまでには、相当の葛藤があった。

 

・・・副作用か・・・怖え~な・・・

 

でもね、

花をきれいに咲かそうと思って、一生懸命 肥料をまいて耕し、雑草を取ってキレイにしてても
モグラを退治しなければ、根っこはスカスカになり花は枯れちゃうんだよ。

 

この時、私はの中でハゲ対策の条件が決まっていた。
それは、

・匿名性が守られる事。
・コストが安い事。
・効果が期待できるもの。

この3つだ。

 

匿名性は、医者に行っても守られるとは思うが
近所にある町医者は、AGAも扱ってるらしいが、知り合いが勤めてるから無理。

 

ちょっと離れた医者に行っても、きっと受付で

「今日はどうしましたか?」


「えっと、・・・う・・薄毛が・・気になって・・きました・・・」

 

とか言うの無理かな?って思うわけよ。

 

だから、個人輸入で手に入れるしかないかな? と 考え始める。

 

コストについても、一緒で
医者に行けば、診察、処方箋で 万円単位の出費になる。

 

しかも、毎月継続する事が必要だし・・・ちょっと厳しいな。

 

稼ぎの少ない私としては、
間違いなく、嫁に相談しないとダメなレベルの出費だし
ハゲ対策にお金かけることを理解させるのも無理っぽい・・・

 

 

じゃぁ 最後

 

気になる薬の効果は?ってなるわけだが、
このときは、効果云々より

本物のプロペシアが手に入るのか? とか
医者の診察を受けずに服用して大丈夫なのか? とか
変な副作用が出た時に、なんて言い訳すればいいか? とか

 

周りから見て、

「あいつ何やってんの?勝手に薬飲んでんだから自業自得じゃん」とか

言われたらやだな・・・・とか・・・

どうしよう・・・というような気持ちがつよかった。

 

効果はもちろん期待するけど、

効かなきゃ効かないし、効いたらラッキーくらいにしか考えてなかったのも事実。
だって、やってみなくちゃ分かんないでしょ?

 

ただ、それが原因で多大なお金を失うとか、後遺症が残るとか
そういうのが、いやだった。(誰でも思う事だが・・・)

 

この時、この不安をぬぐうことは到底出来ずにいた。

 

 

じゃぁ どうやって不安を解消したか。

 

後述するから、あまり細かくは書かないけど
簡単にいえば、

 

「エイヤー!」(勢い)

 

だったかな?

 

エイヤーってわかる?掛け声のことですよ。
文字にすると伝わりにくいんだけど・・・

 

要は、「なんとかしなくちゃいかん」 っていう
モチベーション的なものも感じている時に、

思い切って行動したていうことだ。

 

なんか、結婚した時の感じに似てるかな??
ほら、結婚って・・・半分以上 “勢い”でしょ?

 

既婚者の皆さんは、

 

皆「うん うん」っていってます。(笑)
いろんな不安はあるけど、覚悟を決めたって事ですね。

 

次は、私がプロペシアを個人輸入して服用に至るまでの経緯を
物語っぽく説明するぞ。

 

 

今日はここまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*