やっぱり内緒にしたいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がハゲたくない一心で、約2年前に意を決して判断し行動した事は人生の中で結構大きなものだったのだが
2年経った今、「あの時行動しといて良かった」と本気で思っている。

 

 

ただ、この事を知っているのは 私の嫁だけで 子供たちも知らない。
無論、仲のいい友人、親族身内、兄妹すら知らない事である。

 

最近自分の中で、大きな決断で結果が良かった事なのに 内緒にしとくのがもったいない気がしてきたのだ。

特に私と同世代で、ハゲまで行かなくても、薄毛になってきている人をみると、無性に私がしてきた事を話したくなる。

 

勝手で余計なお世話だが、「きっとあの人は今ハゲにおびえて毎日悩んでいるんだろうなー」などと妄想してしまうのだ。

 

おかしなものだ、自分がハゲはじめて悩んでいた時は、絶対に内緒でなんとかしようと考えていたのだが

2年経った今では、あれだけ秘密にしておきたかった事を誰かに言いたくなっている。

 

でも、「おれ、ハゲ治すために薬のんでます。」なんて言えない・・・私はね。

もしも、
自分の親しい人達に話したとしよう、

きっと

「えーっ はげを直すためにそんな事したの?」
「もう結婚もして子供も居るんだからハゲになってもいいじゃん」

などと言われるのが落ちだ。
同じ悩みを抱えていない限り、理解はしてもらえないだろう・・・

 

むかつくから、私の事をまったく知らない人たちに教えたい。

 

ただ、私がやったハゲ対策をそのまま教えるのは個人差もあるから、あまり意味が無いと思っていて

体験を話す事で、「へーこんなやつもいるんだ」くらいに思ってもらえば、
きっとその人の選択肢も増えるのではないかと思っている。

 

あとね、ハゲ化の進行度って人によって違うかもしれないけど・・・
本気でハゲたくないなら、少しでも早くケアした方がいいんだよ。

 

絶対に 早い方がいい!!

 

もし、AGAだったならなおさらだ。
回復度に直接影響するからな、自分でよーく考えた方がいい。

 

非常にデリケートでプライベートな事だから、おおっぴらに話す事でもないし
ましてや、個人の悩みにズカズカ土足で入るようなまねはできない。

だから、私はこっそり体験談として公表する事を決めたのだ。

 

 

だけどね、

 

唯一 嫁にだけは、正直に話している。

 

えっ・・なぜって? それは夫婦だから・・・

それなりに、
毎月お金もかかる事で、私のこづかいじゃやりくりできないし・・・

 

すでに結婚して20年以上経ってて、子供もいてそれなりに大きくなっているんだけど
まれに、まだHもするし、(おいおい なにいってるの?)

 

隠し事をつくってへんな誤解をされてもこまるから・・・

 

Hが関係あるんかい!と突っ込みたくなるが、
ちょっと関係するんだなこれが・・・

 

詳細は、後述するけど

 

もしも、だけど

もそも私が、プロペシアの影響でインポとかになったら、
ずっと内緒にしてられるかな?? って思うわけよ。

 

インポだけでなく、肝機能障害とかになったら
マジ黙ってられないでしょ?

 

 

そうなった場合を想像してみた。


「お医者さんの言ってた薬の作用って何?」


「えっと・・・ハゲ薬の副作用で・・・」


「ハゲ薬? ハゲ薬ってなによ?」


「えっと、プロペシぁ・・・」


「プロペ??ってなに??」


「いや・・だから・・育毛しようかなって思って薬買って飲んでたんだよ」


「なんで言わなかったの?」

「そんなことにお金使って、体まで壊して! 何考えてるの?」

「ガミガミ・・・ガミガミ・・・(以後説教)」

 

てな感じで、きっと喧嘩になる可能性が高い・・・うちはね。

 

そうならなくても、いろんな意味で、嫁は心配するかもしれない。

ただでさえ、以前に大病で入院した実績もあるし・・・

 

髪が良くなってればまだいいが、結果的に変化なしとか、さらに進行してたりしたら
言い訳が出来ないよね?

 

だから、
いろいろな意味で嫁さんだけには、話しといた方がいいなと判断したんだな。
最初に納得してもらっとくって事。

 

こういうことって、結構大事ですよ。
こんな事で、離婚とかになったりするかもしれないし、

 

余計大事になって、

「ハゲ薬飲んで体壊したらしいよ」

なんて噂にでもなったら、シャレにならん。

 

会社の同僚や親しい人たちに、包み隠さず話せる人ならいいが
そういう人っているのかな?

 

いろんなブログやサイトを見てみると、中にはオープンで薄毛治療してる人もいるようだが・・・

真相はわからん?

 

まあ、その人が納得してればいいことだが・・・

 

オープンにできる人はきっとハゲがかなり進行している人なんだと思うんだな。

 

「あの人はハゲてる人」ってイメージが周りの人たちに浸透していて
「斉藤さんだぞ!」ってな具合に自虐ギャグが出来る様な人でしょう。

 

でも、そのレベルに達するまでには、ものすごく悩んでつらい思いをしてきたはずだ。

 

ハゲが原因で、同窓会や合コンなどに行きづらくなって
ひきこもり気味になり自信を無くす人もいる。

 

ハゲ化が始まると、自然治癒する事は無いから
待ったなしで、「諦め感」を突きつけられる。

 

あなたは、

「今後数年で、“ハゲてる人”になりますので承知しておいてください」ってな具合に

 

強引にそっち側へ引きずられていくような気がするんだわ。

 

「ちがうよ」
「俺は“ハゲてない人”になりたいんだ!そっちじゃない!」
「こっちのフサフサ側にずっと居たいんだよ!」

 

って どんなに心で叫んでも 許してくれない。(誰にいってんだよ!)

 

 

だから、その時の対処の仕方で、その後の人生をも左右する可能性が高い。

出来れば悩み始めた時期に、自分はどうしたいんだという考えをまとめとく必要がある。

 

まぁ

考えるも何も、実際にハゲ化が始まればおのずと答えは湧いて出てくるけどね。

 

今日はここまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*