成人男子にはハゲ体質にシフトしてしまう時期があるという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が40歳になるまでに、今まで書いてきたようなハゲ対策を行っていたが、まだそれでなんとかごまかせてたんですよ。(だぶん・・・)

でもそれから数年たった頃から、
急に抜け毛が多くなってきて、シャンプーなんかしてても
マジで自分でびびるぐらい抜け毛があった。

 

 

今まで行ってきたハゲ対策はなんだったんだ?

何の役にも立たず自分の中ではみるみるはげていく感じがして、猛烈な無力感を感じていた。

 

例えるなら、

十人のきこりが、1人1本 毎日10本づつ 斧で森の木を切っていたとしよう。

ある日、

きこりの皆さんが十台の伐採重機を使い始め、ガンガン木を切り倒していくぐらいの感じだ。

 

こんなペースで木を伐採してったら、

1年も持たずに森ははげ山になてしまう。

まるで、もののけ姫の心境だ・・・

 

 

この時、私は実感したね。
「髪がハゲていくというのは、体内環境変化が最も影響する」っていう事を。

 

分かりやすくいうと
“成長期”てあるじゃない。

急に背が伸びたり、陰毛が生えてきたり、女子なら胸が大きくなってきたりするでしょ。

 

これらは、体内環境がホルモンで変化して体型が変わっていくことだ。
まさに、こういう感じの体内変化がおきて抜け毛が増えていくんじゃないか?と感じたんたな。

 

私の場合、
30代は、薄毛の進行はジワジワきてる感じだったが、
40代は、急に抜け毛が増えてきてみるみるハゲてく感が強かったから、

体の中でハゲスイッチが入り、完全にハゲ体質へシフトしてしまったような気がした。

そう考えると、育毛剤では対処できないって思わない?

 

ハゲ体質自体を元に戻す様な事をしないとダメだと感じたんだな・・・
自分の中では、そういう焦りがあった。

 

体の中の変化だから、
食べ物とか、サプリメントとかじゃないとダメかな?って思うわけです。

 

でも、それじゃ時間がかかりすぎる。

体質改善は、大事かもしれんがダイエットだって数ヶ月はかかるでしょ?

私の場合、そんなにじっくりやってられない気が大いにしてたし・・・
木こりが、重機で森を伐採してるのにチンタラ土壌改善なんてしてらんないでしょ?

 

なんとか、重機の燃料を絶つ事を考えないといけないよね?

 

そうなると
内服薬とかだったらなんとかなるかな?って考えになってくる。

 

私の経験に思い当たる節がある人は、要注意だ。

だけど、もしかしたらプロペシアの効果が大いに期待できるひとなのかもしれない。

 

私自身に効果があったからね?
自分でハゲ・薄毛の状態をよーく観察してみるといい。

 

次は、その“状態”について私の経験の詳細をおしえます。

 

今日はここまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*